見込み案件獲得の近道!FAXDM業者ランキング

TOP > FAXDMとは > FAXDMのメリットの一つは開封率の高さです

FAXDMのメリットの一つは開封率の高さです

 FAXの一斉送信といったキーワードから想定できると考えられますが、イメージできるようにfaxを多量に一斉送信する道具を意味しFAXDMと称されています。
 FAXDMのDMという呼び方からもおわかりいただけると考えられますが、ファックスによりましてダイレクトメールを発信するのが、機能となっています。


 過去のダイレクトメールといいますと、紙の媒体の広告を費用費やして発信していたことになりますが、開封もしないまま捨て置かれてしまう可能性が高くなっていたといえます。 手にしただけですぐダイレクトメールと気が付いてしまいますから、多くの方は手に持っただけで避けてしまうのが一般的と言えます。
 そして、インターネットの一般化と並行して、ダイレクトメールに関してもメール配信へと変わってきたといえます。 メールを介してのダイレクトメールのプラスの面はトータルコストが安いところにあります。しかしながら、Eメールアドレス収集において困難さがありますし、強引に取集したEメールアドレスを活用すると個人情報保護法であったり迷惑メール防止法に対して抵れるリスクもあるということも考えられます。


 メール、あるいは紙の媒体のダイレクトメールのウイークポイントを解消することができたのがFAXDMになります。 ファックスを有効に活用するプラスの面は、確実に読んでもらえるといったところにあります。
 現代ではいわゆる複合機がメインとなっていることから、ファックスは必須条件としてコピー機上に配置されることになります。 それに加えて受信サイドのファックス用紙を活用するために、費用が要らないというアドバンテージもあります。会社組織に対して実施する営業の方法としては、アポイントを確保するのも困難であるケースがありますが、ファックスでしたら確実に相手サイドに発送することができます。
 メール、あるいは紙の媒体であるのなら見もしないまま不要と判断される可能性が高くなりますが、ファックスでしたら必須条件として中身をチェックしてから処分されることから、開封率につきましては100パーセントを達成することができます。
 FAXDMのケースでは、基本的にA4用紙1枚の状態で原稿の内容が開封されている状況の下で送付されます。 要するに開封率につきましては100%、原稿の中身が目に入り易いのが非常に大きな持ち味だと言えます。 貰った人は、内容を確認した上で不要或いは必要かを見定めます。

次の記事へ